コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Bryantsev,A.A. BryantsevAA

世界大百科事典内のBryantsev,A.A.の言及

【ロシア・ソビエト演劇】より

…またスタニスラフスキー演出のオストロフスキー作《熱き心》(1926)やメイエルホリド演出のゴーゴリ作《検察官》(1926)などロシア古典の斬新な読み直しもあり,タイーロフ演出のオニール作《楡の木陰の欲望》(1926)のようなすぐれた翻訳劇も生まれた。またこのころ児童演劇の専門家ブリャーンツェフAleksandr Aleksandrovich Bryantsev(1883‐1961)やサッツNatal’ya Il’inichna Sats(1903‐93)らにより各地に児童劇場が創設され,今日の充実したソビエト児童演劇の礎となった。 1930年代はゴーリキーの新作《エゴール・ブルイチョフとその他の人々》(1931)で始まり,若手劇作家ポゴージン,ビシネフスキーVsevolod Vital’evich Vishnevskii(1900‐51),アフィノゲーノフ,コルネイチュークらも社会主義建設にいそしむ青年像を生き生きと描き,どれも新鮮な舞台作品となった。…

※「Bryantsev,A.A.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android