コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Busch,Hans BuschHans

世界大百科事典内のBusch,Hansの言及

【電子顕微鏡】より

…光のかわりに電子を用い,光学レンズのかわりに電子レンズを用いて物体の拡大像を作る装置。1926年ドイツのイェーナ大学のブッシュH.Buschによって電子レンズの理論が発表され,その後,この理論に基づき,32年,ベルリン工科大学においてルスカE.Ruskaは,その指導者クノルM.Knollとともに電子源と電子レンズの組合せによる世界最初の電子顕微鏡を作った。そして39年には,ドイツのジーメンス社によって商品として第1号機が世に送り出された。…

※「Busch,Hans」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Busch,Hansの関連キーワードホルバインアウトサイダー・アート工匠歌人縮合ドイツ美術ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ホルバイン(父子)微珪長岩球顆ひん岩フォノリトイドテフル岩

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android