コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Buttler,W. ButtlerW

世界大百科事典内のButtler,W.の言及

【ケルン・リンデンタール】より

…ドイツのケルン市西部にある新石器時代初頭(線帯文土器文化=ダニューブI・II文化)の集落遺跡,炭素14法による測定年代で前4000‐前3000年代。麦を栽培し,牛,豚などの家畜を飼った新石器時代の村の規模全体が,1929‐34年のブットラーW.Buttlerらの発掘調査によってヨーロッパで初めて明らかにされ有名になった。北集落(2670m2)と南集落(8270m2)で合わせて50軒の長い家屋(長さ30m以上,最大幅7m)が見いだされた。…

※「Buttler,W.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Buttler,W.の関連キーワードケルン・リンデンタール

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android