コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Butzbach,J. ButzbachJ

世界大百科事典内のButzbach,J.の言及

【旅】より

…《カルミナ・ブラーナ》に歌われているように放浪学生の多くは自堕落な暮しを送り,酒と女にあけくれていたのだが,なかにはそのような生活のなかでも勉学し,ギリシア語,ラテン語,ヘブライ語などを中心とする学問を身につけていった者もいた。ブッツバハJohannes Butzbach(1478‐1516)やプラッターThomas Platter(1499?‐1582)などの放浪学生の手記は,この時代の学生の旅の生活をつぶさに描いている。 ところで農村や都市で定住していた農民・市民にとって,旅とは何であったのだろうか。…

※「Butzbach,J.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android