コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Calabar swelling Calabarswelling

世界大百科事典内のCalabar swellingの言及

【フィラリア】より

…オンコセルカはアフリカ,中南米など赤道直下の熱帯地方に分布し,皮下に寄生して腫瘤を形成し,またしばしば目にも侵入して失明の原因となることもある。ロアシジョウチュウはアフリカ中・西部に分布し,目の結膜からしばしば見いだされるほか,全身の皮下組織内を好んで移動し,このため鳩卵大の腫瘤が突然出現したり消失したりすることがあり,これをカラバール腫張Calabar swellingという。象皮病の存在は古くから知られており,ナイジェリアから出土した前500年ころまでさかのぼれる時代の作品と思われる彫像のなかに,象皮病による巨大な陰囊を有するものがある。…

※「Calabar swelling」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone