コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Carolus-Duran,E.A. CarolusDuranEA

世界大百科事典内のCarolus-Duran,E.A.の言及

【藤島武二】より

…初期の白馬会展には外光派風の作品を発表したが,1901年《明星》の表紙を担当した時期から浪漫的内容と装飾性をもつ画風によって高揚期を迎え,初期の代表作《天平の面影》(1902),《蝶》(1904)などを生んだ。 やがて06年文部省留学生として渡欧,黒田の紹介したR.コランを訪ねず,パリではフェルナン・コルモンF.Cormon,08年からはローマでカロリュス・デュランE.A.Carolus‐Duranの薫陶を受け,留学期後半に《チョチャラ》《黒扇》《ヴィラ・デステの池》など,油彩画の本格的技術を体得した傑作を制作した。10年に帰国後美術学校教授となり,13年からは川端絵画研究所洋画部でも教鞭をとる。…

※「Carolus-Duran,E.A.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone