Chalcondyle(a)s,D.(読み)ChalcondylesD

世界大百科事典内のChalcondyle(a)s,D.の言及

【イーリアス】より

…後者は西欧の各国語に訳されて広く読まれ,この重訳をもとにして《トロイラスとクレシダ》をチョーサー(1372‐86)とシェークスピア(1609)が書いた。ギリシア語の初版(1488)はカルコンデュレスDemetrius Chalcondyle(a)sにより,それ以後しだいに原典に基づいた正確な訳が現れる。ホメロスはウィンケルマンやゲーテに刺激を与え,ゲーテの《ヘルマンとドロテーア》はF.A.ウォルフの〈ホメロス問題〉提起(1795)がきっかけで書かれた。…

※「Chalcondyle(a)s,D.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android