コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Charents,E. CharentsE

世界大百科事典内のCharents,E.の言及

【ソビエト文学】より

…アルメニアの一部がロシアに併合された後は,トルコ領に残るアルメニア人の担う西方アルメニア文学が独立し,イスタンブールを中心に活躍するが,トルコの弾圧を受け,パリ,ボストンに中心が移っている。ロシアの東方アルメニア文学は,ロマン主義時代に頂点を迎え,ソビエト時代にも困難な状況のもとで詩人チャレンツEgishe Charents(1897‐1937),小説家デミルチアンDerenik Demirchyan(1877‐1956),ゾリアンStefan Zor’yan(1890‐1967)らを生んだ。
[チュルク語系・イスラム系諸民族の文学]
 アゼルバイジャン,タタールを除いて中央アジアに位置するこれらの民族は,長い抗争の後,19世紀後半になってロシア帝国に服属したが,8世紀にさかのぼる古い文学を有する。…

※「Charents,E.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone