コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Cocchiara,G. CocchiaraG

世界大百科事典内のCocchiara,G.の言及

【シチリア[島]】より

… シチリアにはギリシア,アラブ,ノルマンなどの諸民族にゆかりの遺跡,建築物,美術品が多く残っており,自然の景観も変化に富んでいる。島民の日常生活と結びついた豊かな民俗文化については,《シチリア民間伝承叢書》25巻(1870‐1913)を著したG.ピトレをはじめ,彼と同時代のサロモーネ・マリーノSalvatore Salomone Marino(1847‐1916),さらにコッキアーラGiuseppe Cocchiara(1904‐65)らすぐれた民俗学者の手によって収集・研究され,パレルモのピトレ民俗博物館にその成果が収められている。シチリア王国【北原 敦】
[文学]
 18世紀までのイタリア文学は韻文作品が主流を占め,ダンテ,ペトラルカ以来,ロマン主義の小説家マンゾーニに至るまで,トスカナ地方の文章語を母体とする詩的伝統が重んじられてきた。…

【ピトレ】より

…その点では,G.ベルガの文学の世界と通じ合うものをもっている。また,ピトレの学風はコッキアーラGiuseppe Cocchiara(1904‐65)に受け継がれ,現在ではパレルモ市郊外に,民俗博物館がピトレを記念して建てられている。【河島 英昭】。…

※「Cocchiara,G.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android