コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Communal Award CommunalAward

世界大百科事典内のCommunal Awardの言及

【コミュナリズム】より

… このようなイギリスによる民族分断策の最初の顕著な例が1905年の総督カーゾン下でのベンガル分割であり,続いて09年のモーリー=ミントー改革(インド参事会法)による帝国立法参事会選挙でのムスリム選挙区の設置であった。この宗教別分離選挙は19年のインド統治法において拡大され,またガンディー指導下で転換された第2次サティヤーグラハ闘争の時期に出されたイギリス首相R.マクドナルドのいわゆる〈コミュナル裁定Communal Award〉(1932年8月)は宗教別分離議席のほかに婦人や〈被抑圧階級(不可触カースト)〉の分離選挙をも設定していた。これに対してはガンディーの断食によって一定の手直しが加えられたものの,基本的にはこの選挙制度は35年統治法の中に成文化され,これが47年8月のインド・パキスタン分離独立への一つの法的な水路を準備したともいえる。…

※「Communal Award」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Communal Awardの関連キーワードラスカー賞ピーター ビトーセク山本彩夏麻倉みな田辺岬広瀬彩香鹿沼憂妃松岡音々大沢ケイミ化石賞

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android