Cormack,A.M.(英語表記)CormackAM

世界大百科事典内のCormack,A.M.の言及

【CT検査】より

…CTスキャンともいう。CTは1972年にイギリスのハンスフィールドG.N.HounsfieldとアメリカのコーマックA.M.Cormack(ともに1979年度ノーベル生理・医学賞受賞)によって開発された。X線ビームで体をスキャンしながら,検出器で得られたデータをコンピューターで計算し,短時間(1スキャン/1秒,再構成数秒)で体の内部の組織を断層像で表示でき,立体像の再構成も可能で,しかも従来のX線検査に比べ人体組織の識別能力が高く臨床診断学的価値の高い検査法の一つである。…

※「Cormack,A.M.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android