コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Dacrymyces aurantius Dacrymycesaurantius

世界大百科事典内のDacrymyces aurantiusの言及

【キクラゲ(木耳)】より

…表面に胞子を一面に作るので,白い粉をふいたようになる。アカキクラゲDacrymyces aurantius (Schw.) Farlowは担子菌類菌蕈(きんじん)綱キクラゲ科のキノコ。日本全土,北アメリカに広く分布し,針葉樹上の倒木や落枝に多く,普通は群生する。…

※「Dacrymyces aurantius」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android