Daidalidai

世界大百科事典内のDaidalidaiの言及

【ダイダロス】より

…ミノスは怒ってダイダロスとその子イカロスを迷宮内に幽閉したが,工匠は人工の翼を考案し,父子は空から島を脱出,イカロスは途中で海に墜落して死んだが,ダイダロスは無事シチリア島に逃れたという。彼は鋸,斧,錐,神像,マストなどの発明者とされ,アテナイにはダイダリダイDaidalidai(〈ダイダロスの後裔〉の意)と称する氏族があった。【水谷 智洋】。…

※「Daidalidai」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android