コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイダロス Daidalos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダイダロス
Daidalos

クレタの迷宮の設計者として名高いギリシア神話の天才的工人。アテネの王家に属していたが,弟子にした甥のタロスが,のこぎりを発明するなど,彼を凌駕するほどの天分を示すのをみて,これをアクロポリスから突落して殺したため,アテネから追放され,クレタ島に来てミノス王に仕えた。ミノスの妃パシファエが,雄牛に恋をすると,雌牛の模型をつくって中に彼女を入れ,思いをとげさせてやり,この交わりによってパシファエが牛頭の怪物ミノタウロスを生むと,それを閉じ込めるため迷宮を考案した。アリアドネに懇願されて,テセウスに糸玉を持たせ,ミノタウロスを退治したあと迷宮から脱出させればよいと教えたかどでミノスの怒りを買い,息子のイカロスとともに迷宮に幽閉されたが,人工の翼をつくり,空を飛んでイタリアのクマエに逃れ,そこからシチリア島のカミコスに行き,コカロス王の庇護を受け,彼のために多くの建物を造ったという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ダイダロス

ギリシア伝説の工匠,発明家。アテナイに生まれ,甥を殺してクレタ島のミノス王のもとにのがれる。王妃パシファエの産んだ怪物ミノタウロスのために迷宮ラビュリントスを造り,テセウスに恋した王女アリアドネに迷宮脱出用の糸を教えた。
→関連項目ラビュリントス

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ダイダロス

SFアニメ「超時空要塞マクロス」シリーズに登場する宇宙戦艦。地球統合軍の大型強襲揚陸艦。正式には「SLV-111ダイダロス」。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ダイダロス【Daidalos】

ギリシア伝説の名工匠。アテナイの人。その名は〈巧みな工人〉の意。弟子にした甥が師をしのがんばかりの技量を示したため,これをアクロポリスから突き落として殺し,クレタ島の王ミノスのもとに逃れた。ここで彼は海神ポセイドンの雄牛に恋した王妃パシファエのために木製の雌牛を作ってやり,彼女が人身牛頭のミノタウロスを生むと,この怪物を入れておく迷宮ラビュリントスを造った。その後,アテナイの王子テセウスが怪物退治にやってきたときには,テセウスに恋した王女アリアドネに,王子が迷宮内で道に迷わぬための糸球の策を授けた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ダイダロス【Daidalos】

ギリシャ神話中の人物。工芸の名人。ミノス王の求めによりクレタ島の迷宮ラビリンスを造った。のち王の怒りに触れ、迷宮に子のイカロスとともに幽閉されたが、人工の翼を作って脱出したという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダイダロス
だいだろす
Daidalos

ギリシア神話に出てくるたぐいまれなる名工。伝説上のアテナイ(アテネ)王エレクテウスの子孫とされる。ダイダロスとは「巧みに技を凝らした」の意で、アテナイの工芸技術の象徴的存在と考えられる。またアテナイ近郊には、彼を祖とする工芸家の氏族ダイダリダイ(「ダイダロスの後裔(こうえい)」の意)がいたといい、クレタ、シチリア、エジプトなどには、さまざまな伝承を含むダイダロスの作と称される古い時代の遺物があった。
 彼は建築工芸の名匠であるだけでなく、斧(おの)や錐(きり)、膠(にかわ)、水準器などの道具の発明者でもあった。あるときダイダロスは、彼のもとで徒弟として修業していた甥(おい)のタロスの天分を恐れ、アクロポリスから突き落として殺してしまう。その近親殺害の罪科から、クレタ王ミノスのもとへ亡命するが、そこで王妃パシファエのために木造の牝牛(めうし)をつくった。その中に王妃をもぐり込ませ、本物の牝牛と思い込んだ牡牛(おうし)により、パシファエは恋情を満たすことができたが、王妃はやがて牛頭の怪物ミノタウロスを生む。ダイダロスは次にミノス王に命じられて迷宮ラビリントスをつくったが、ミノタウロスともどもその中に押し込められてしまう。そこで人工の翼(つばさ)をこしらえて、息子イカロスとともに迷宮を飛び出た。イカロスは父の戒めを守らなかったために、翼が外れて海へ落ち、おぼれ死んだ。そしてダイダロスはシチリアのカミコスに逃れた。[伊藤照夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のダイダロスの言及

【イカロス】より

…ギリシア伝説で,名工匠ダイダロスの子。アテナイの王子テセウスがクレタ島の迷宮ラビュリントスにひそむ人身牛頭の怪物ミノタウロス退治にやってきたとき,ダイダロスはテセウスに恋したミノス王の娘アリアドネに,王子が迷宮内で道に迷わぬための糸球の策を授け,テセウスの壮挙を成功に導かせた。…

【ミノス】より

…海神ポセイドンに祈って雄牛を海中から出現させてもらったお蔭で王位につけたにもかかわらず,約束に反してその牛を海神に捧げなかったため,海神はパシファエが雄牛に恋するように仕向け,その交わりから人身牛頭の怪物ミノタウロスが生まれた。彼はこの怪物を名匠ダイダロスに造らせた迷宮ラビュリントスに閉じ込め,息子アンドロゲオス殺害の償いとして毎年アテナイから送られる14人の少年少女を餌に与えていたが,怪物はやがてアテナイの王子テセウスに退治され,またダイダロスは人工の翼によって空からクレタ島を脱出したので,そのあとを追ってシチリア島に行き,同地の王コカロスKōkalosに殺されたという。以上はおもにアッティカ地方の伝承であるが,これとは別に,彼は最古の海軍の組織者で,海賊を平らげてエーゲ海全域を支配する一方,クレタ島に法を与えて善政を布いたので,同じく有名な立法者であった弟のラダマンテュスRhadamanthys,敬虔をもって知られた英雄アイアコスAiakosとともに,死後,冥界の裁判官になったとする伝承もあり,いずれも,かすかながら,彼の名にちなんでミノス文明とも呼ばれる先史時代のクレタ文明の最盛期の記憶をとどめるものと考えられている。…

※「ダイダロス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ダイダロスの関連キーワードホールデン(John Burdon Sanderson Haldane)ディポイノスとスキュリスイカロスの墜落のある風景トロフォニオスダイダロス様式ラビリントスイカリア島人力飛行機コロミーナミノス伝説カノーバ飛行機

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android