コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Daucher,H. DaucherH

世界大百科事典内のDaucher,H.の言及

【ドイツ美術】より

… 彫刻もアウクスブルクとニュルンベルクから始まる。豪商の富に支えられたアウクスブルクではザンクト・アンナ教会のフッガー家礼拝堂の装飾が多くの彫刻家を集め,ダウハーHans Daucher(1485ころ‐1538ころ)の《ピエタ》(1518)のような作品が成立する。この礼拝堂装飾にも携わったフィッシャー(父)は,故郷ニュルンベルクで大規模な鋳造工房を組織し,一族を統率して《ゼバルドゥス墓碑》(1519)を作り上げた。…

※「Daucher,H.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android