コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Davis,J.(探検家) DavisJ

世界大百科事典内のDavis,J.(探検家)の言及

【デービス海峡】より

…両岸にはフィヨルドが発達している。海峡名は1585‐87年にこの海域を探検したイギリス人デービスJohn Davisにちなむ。かつては捕鯨の盛んな海域であった。…

【北極】より

…なお,彼は第1次航海でグリーンランド・エスキモーを1人連れ帰り,これをキタイ人と誤認して東アジアに到着した証拠と思いこんだ。1585‐87年イギリスのデービスJohn Davis(1550?‐1605)はグリーンランドとバフィン島との間にデービス海峡を発見し,北極圏を突破した。同じくイギリスのハドソンHenry Hudson(?‐1611)は北東航路探査に失敗したあと南下して北アメリカ沿岸を探検してハドソン川を発見し,ハドソン湾も発見したが,1611年部下に置き去りにされ現地で死亡した。…

※「Davis,J.(探検家)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Davis,J.(探検家)の関連キーワードアグリビジネスガーランド(Red Garland)ケリー(Wynton Kelly)WinBenchWinStoneP-Rating地形輪廻バックセット層理バックセット層クッキン

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android