コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Davis,N.Z. DavisNZ

世界大百科事典内のDavis,N.Z.の言及

【変装】より

… また,近年の研究では,近世・近代の西欧諸国に起こった民衆反乱と暴動が,しばしば変装をともない,なかでも女装した男たちに率いられる例の多かったことが指摘されている。アメリカの歴史学者デービスNatalie Zemon Davis(1928‐ )は,フランス,イギリスなどでの具体的な事例によりつつ,そのような女装をした理由として,責任逃れのための実際的な便宜性(当時の社会では女は責任の当事者能力を認められず,それらの行動はたかが女のしたこととして見のがされることも多かったという)をまずあげた上で,同時にそれは,女というもう一つの性がもつ特有のエネルギーを利用しようとしていたのではないか,との説を述べている(《近代初期フランスの社会と文化》1975)。この点日本においても,(女装ではないが)蓑笠(みのかさ),柿帷(かきかたびら)などの一揆における特有の服装のあり方が,近年しばしば論議されており,いずれにせよ興味深い問題であるということができる。…

※「Davis,N.Z.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Davis,N.Z.の関連キーワードアグリビジネスガーランド(Red Garland)ケリー(Wynton Kelly)WinBenchWinStoneP-Rating地形輪廻バックセット層理バックセット層クッキン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android