コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Demirel,S. DemirelS

世界大百科事典内のDemirel,S.の言及

【トルコ共和国】より

… 総選挙では共和人民党(党首はイノニュ。ケマル・アタチュルクの腹心で祖国解放運動の闘士)が第一党の地位をかろうじて得たが,単独政権をつくり得ず,65年10月の総選挙でデミレルSüleyman Demirel(〈ダム王〉とよばれたテクノクラート)の率いる公正党Adalet Partisiに政権を譲った。公正党は旧民主党員の支持を受けて結党した政党で,その政策は,民主党時代と同じく,地主や民族資本家の利益を優先した自由主義経済政策を基調としたが,政治的には民主党より民主的で,60年代を通じてデミレル首相のもとで保守安定政権が維持され,この間に社会主義運動が高揚し,トルコ労働者党のような社会主義政党も生まれた。…

※「Demirel,S.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android