Desmodontidae

世界大百科事典内のDesmodontidaeの言及

【チスイコウモリ(血吸い蝙蝠)】より

…恒温動物の血を食べるコウモリの総称。翼手目ヘラコウモリ科チスイコウモリ亜科Desmodontinaeに属する哺乳類。バンパイアとも呼ばれる。チスイコウモリDesmodus rotundus(イラスト)など3属3種がある。いずれも新世界の特産で,メキシコの北東部から南アメリカのウルグアイまでおよびトリニダード島の熱帯,亜熱帯に分布する。体のつくりは血液食に適応し,先がとがった鋭い門歯はかみそりの役目をし,舌の下面と側面に見られる数本の溝は血液を送る管の役目をもつ。…

※「Desmodontidae」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android