コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チスイコウモリ Desmodus rotundus; vampire bat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チスイコウモリ
Desmodus rotundus; vampire bat

翼手目チスイコウモリ科。バンパイアともいう。体長約 8cm,前腕長 5cm内外。動物の生き血だけで生活し,したがって食物を咀嚼する必要がないので臼歯や胃は退化している。同様に,獲物を捕えたり食べたりするときに役立つ腿間膜も狭くて発達が悪い。昼は洞窟,古井戸などに群れをなしてひそみ,夜間活動する。門歯がきわめて大きくて鋭く,これで動物の皮膚の柔らかい部分を傷つけ,あふれ出る血をなめとる。南アメリカの熱・亜熱帯域に分布しており,狂犬病はじめ各種の病気の媒介をする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チスイコウモリ
ちすいこうもり / 血吸蝙蝠
vampire bat

広義には哺乳(ほにゅう)綱翼手目チスイコウモリ科に属する動物の総称で、狭義にはそのうちの1種をさす。キュウケツコウモリまたはバンパイアともよばれ、血液食で知られる。この科Desmodontidaeの仲間は、新世界に固有で3属3種があり、アメリカ合衆国南部からアルゼンチンまで分布する。前腕長50~70ミリメートル、頭胴長70~90ミリメートル、体重30グラム前後。乾燥地または湿地帯の洞窟(どうくつ)、廃坑、ときに樹洞に生息する。体のつくりは血液食に適応していて、尾はなく、尾膜は狭く、前肢の親指が異常に長い。100頭、多いときには200頭ほどの雌雄混合の群れをつくる。日没後まもなくねぐらを離れ、生きているウシ、ウマ、ニワトリなど恒温動物の皮膚に鋭い門歯と犬歯で血が滴るまで切り込みを入れ、出てきた血を長い舌でなめ取る。血を吸うのではない。運動している獲物を追跡することはなく、地上約1メートルの低空を飛び、眠っている動物のそばに静かに降りる。周波数の高い超音波を出して虫や魚を食べるコウモリに比べ、ずっと低い周波数の超音波しか発しない。普通1産1子であるが、まれに2子のことがある。
 狭義のチスイコウモリとよばれる種はナミチスイコウモリDesmodos rotundusで、メキシコ北部からアルゼンチンまで分布する。親指が長く、臼歯(きゅうし)を欠き、歯が20本しかない。飼育下で19年6か月生きた記録がある。狂犬病を媒介し、それにより家畜が死亡するので、アメリカ合衆国では問題になっている。[吉行瑞子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チスイコウモリの関連キーワードチスイコウモリ(血吸い蝙蝠)バンパイア(チスイコウモリ)キュウケツコウモリアラコウモリアマゾン川吸血動物新熱帯区血吸蝙蝠吸血蝙蝠翼手類

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android