Dhlo Dhlo(英語表記)DhloDhlo

世界大百科事典内のDhlo Dhloの言及

【ジンバブウェ[遺跡]】より

…また地面に水平な溝を掘って石材を積み重ねたため,石壁は整然とした外観を呈する。これらを築いたのはロズウィ族で,ジンバブウェの〈神殿〉のほか,カーミKhamiやドーロ・ドーロDhlo Dhloなどに高度な技術で多くの建造物をつくった。18世紀に建てられた〈神殿〉は,ロズウィ族の王マンボの宮殿で,また部族の聖なる物品が収められた。…

【モノモタパ王国】より

…ロズウィ族は新しい技術で次々に石造建築を建てた。ジンバブウェの〈神殿〉と呼ばれる長径100m,短径80mの楕円形建築や,カーミKhami,ドーロ・ドーロDhlo Dhloなどの壮大な建造物は,その代表的なものである。ロズウィ族の繁栄の基礎は金にあった。…

※「Dhlo Dhlo」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android