コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Diaz de la Peña,N. DiazdelaPenaN

世界大百科事典内のDiaz de la Peña,N.の言及

【バルビゾン派】より

…名称は,パリの南東郊,フォンテンブローの森のはずれの村バルビゾンに由来する。T.ルソーは1847年より,ミレーは1849年よりこの村に定住し,ほかにジャックCharles Jacque(1813‐94),ドービニー,ディアズNarcisse Diaz de la Peña(1807‐76)らが長期ないし短期間住んで,ともに風景画の制作に励んだ。バルビゾン派の起源は,フランス国内ではG.ミシェル,バランシエンヌP.H.de Valenciennes,コローらの風景画が,構成された理想風景からしだいに離れて,自然観察をもとに現実の風景美をたたえるようになったこと,さらにはこのような流れをさかのぼると17世紀オランダの風景画があり,自国のありのままの自然をうたいあげるロイスダール,ホッベマ,ファン・オスターデらの作品が彼らを魅了したことが考えられる。…

【ミレー】より

…やがてシェルブール市の奨学金が切れて貧窮し,ロココ風の裸体画などを描いて暮らす。この時期の作品は,主題はブーシェやフラゴナール風の閨房画や牧歌的なものが多く,その手法はディアズDiaz de la Peña(1807‐76)に直接影響を受けた柔らかな筆触と明暗のコントラストを用いたもので,〈華やかな手法manière fleurie〉と呼ばれる。この作品群は金のため自分のプライドを捨てて描いたと言われていたが,主題が農民画に移ったあとも,技法としてはかなり後まで引き続き用いている。…

※「Diaz de la Peña,N.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone