Drin

世界大百科事典内のDrinの言及

【アルバニア】より

…最南端の地域では山脈が海岸に迫り,ギリシア国境からブロラに至る海岸は風光明美で気候も温暖なため,アルバニア・リビエラと呼ばれている。オフリト湖から流出するドリンDrin川をはじめ,マチMati川,シュクンビンShkumbin川,セマンSeman川,ビヨサVijosë川などの河川はアドリア海に注ぐ。海岸低地は主として第三紀に堆積した部分であり,ティラナ周辺,北部のシュコダル湖南部の平野は肥沃で,この地域は人口密度も高い。…

※「Drin」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android