コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Dubini,A. DubiniA

世界大百科事典内のDubini,A.の言及

【ジュウニシチョウチュウ(十二指腸虫)】より

…線形動物双腺綱の円虫目鉤虫科Ancylostomidaeに属する寄生虫の総称。1838年ドゥビニA.Dubiniがミラノではじめてヒトの小腸から見いだしたものに,43年にAncylostoma duodenale(種小名は〈十二指腸〉の意)と命名したので十二指腸虫の名があるが,実際には十二指腸よりも小腸中部から上部(主として空腸)に寄生する。コウチュウ(鉤虫)ともいう。…

【ズビニ鉤虫】より

…人体寄生線虫の1種。1838年イタリアのドゥビニAngelo Dubini(1813‐1902)がミラノの一婦人の剖検の際発見し,43年命名したが,前1600年ころの古代エジプトのパピルス文書にすでに本種と思われるものの記載があるという。成虫はヒトの小腸上部に寄生し,粘膜に咬着して吸血し,鉄欠乏性貧血をもたらす。…

※「Dubini,A.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Dubini,A.の関連キーワードズビニ鉤虫ジュウニシチョウチュウ(十二指腸虫)ズビニ鉤虫ズビニ鉤虫・ズビニ鈎虫

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android