コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Dubini,A. DubiniA

世界大百科事典内のDubini,A.の言及

【ジュウニシチョウチュウ(十二指腸虫)】より

…線形動物双腺綱の円虫目鉤虫科Ancylostomidaeに属する寄生虫の総称。1838年ドゥビニA.Dubiniがミラノではじめてヒトの小腸から見いだしたものに,43年にAncylostoma duodenale(種小名は〈十二指腸〉の意)と命名したので十二指腸虫の名があるが,実際には十二指腸よりも小腸中部から上部(主として空腸)に寄生する。コウチュウ(鉤虫)ともいう。…

【ズビニ鉤虫】より

…人体寄生線虫の1種。1838年イタリアのドゥビニAngelo Dubini(1813‐1902)がミラノの一婦人の剖検の際発見し,43年命名したが,前1600年ころの古代エジプトのパピルス文書にすでに本種と思われるものの記載があるという。成虫はヒトの小腸上部に寄生し,粘膜に咬着して吸血し,鉄欠乏性貧血をもたらす。…

※「Dubini,A.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone