コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

EME 通信 いーえむいーつうしん

世界大百科事典内のEME 通信の言及

【アマチュア無線】より

…最近は自動車に設置するものを中心とする超短波帯以上(54‐1200MHz帯)の電話通信が盛んである。1961年以来アマチュア無線用通信衛星が打ち上げられ衛星通信も行われているほか,月面反射を利用したEME(earth to moon to earthの略)通信,テレビ(狭帯域テレビのSSTV(slow scan televisionの略)を含む),ラジオテレタイプ,ファクシミリ等々各種の通信が行われている。高いビルや山頂に設置した自動中継器を介して,小電力の携帯型送受信機間で行うリピーター通信が82年から日本でも開始された。…

※「EME 通信」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

EME 通信の関連キーワードEMS(energy management system)ファスター・ペイメント・サービスエム・エスコーポレーション量子テレポーテーションExpressCardインクリメント・ピースマートコミュニティMicro USBテレビ会議システム技術基準適合認定スマートメーター会計情報システムMiracastアクションカメラ全球降水観測計画通信放送衛星機構スマートハウス緊急消防援助隊サービス貿易情報技術協定

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android