コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ESCA いーえすしーえー

世界大百科事典内のESCAの言及

【電子顕微鏡】より

…照射系は3段の集束レンズ(コンデンサーレンズ)よりなり,試料面上で2nmの非常に細い電子線束が透過モードで得られ,結像系は6段よりなり,倍率は50倍から100万倍と広範囲に可変でき,分解能は0.14nmである。(2)走査形電子顕微鏡 走査形電子顕微鏡には,普及形走査電子顕微鏡,X線分光器を備えたX線マイクロアナライザー超高分解能像観察用の電界放射形走査電子顕微鏡,また試料のごく表面層のみの分析用にオージエ,ESCAがある。走査形電子顕微鏡の鏡筒上部には電子銃が位置し,その下に電子線の束を細くする集束レンズが,そしてその下に対物レンズがある。…

※「ESCA」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ESCAの関連キーワードシーグバーン(Kai Manne Börji Siegbahn)エスケープ・アーティスト 無罪請負人ラスデスカルサスレアレス修道院エスケープ・フロム・L.A.アジア太平洋経済社会委員会女警部ジュリー・レスコーロスデスカルソス修道院CodeWarriorアルカトラズからの脱出J.B.P. マラミスニューヨーク1997アジア極東経済委員会escape keyアジア・ハイウェー星の国から来た仲間シャールシュミットマノン・レスコーアジアハイウエーペスカトーリ島マノンレスコー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android