コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子分光 でんしぶんこうelectron spectroscopy

世界大百科事典 第2版の解説

でんしぶんこう【電子分光 electron spectroscopy】

物質に光(X線,紫外線),電子,イオン,励起分子などをあて,物質から放出される電子の運動エネルギー分布を測定する(これを電子を分光するという)方法の総称。照射源と電子放出過程の相違により分類される。光照射による方法を光電子分光photoelectron spectroscopy(略称PES)という。そのうちX線によるものをX線光電子分光X‐ray photoelectron spectroscopy(略称XPS),紫外線によるものを紫外光電子分光ultraviolet photoelectron spectroscopy(略称UPS)と呼ぶ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

電子分光の関連キーワードシーグバーン(Kai Manne Börji Siegbahn)K.M.B. シーグバーン触媒化学(ノーベル賞の)ドブソン分光光度計ブルームバーゲンオージェ効果シーグバーン電子線回折ショウロウ電子分光法分光化学光電効果表面分析分光分析クルーグエスカ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android