電子分光(読み)でんしぶんこう(英語表記)electron spectroscopy

世界大百科事典 第2版の解説

でんしぶんこう【電子分光 electron spectroscopy】

物質に光(X線紫外線),電子,イオン励起分子などをあて,物質から放出される電子の運動エネルギー分布を測定する(これを電子を分光するという)方法の総称。照射源と電子放出過程の相違により分類される。光照射による方法を光電子分光photoelectron spectroscopy(略称PES)という。そのうちX線によるものをX線光電子分光X‐ray photoelectron spectroscopy(略称XPS),紫外線によるものを紫外光電子分光ultraviolet photoelectron spectroscopy(略称UPS)と呼ぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android