Eadfrith

世界大百科事典内のEadfrithの言及

【リンディスファーンの書】より

…大きさは34cm×25cmで,659葉を数える。10世紀末にアルドレッドによって付加された奥付によれば,テキストは修道院長イードフリスEadfrith(在位698‐721)によって書かれたというが,装飾もまた同院長の手になるものとされる。装飾モティーフにはケルト系らせん文,ゲルマン系動物組紐文,地中海系福音記者像等,多様な源泉が合流している。…

※「Eadfrith」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android