リンディスファーンの書(読み)リンディスファーンのしょ(英語表記)Book of Lindisfarne

世界大百科事典 第2版の解説

リンディスファーンのしょ【リンディスファーンの書 Book of Lindisfarne】

アイルランド・サクソン系大型福音書装飾写本の初期の作品。7世紀末の制作。〈聖なる島Holy Island〉として知られるイギリス中部ノーサンバーランド東岸,リンディスファーン島にアイルランド修道士エーダンAidanが創設した修道院に8世紀末まで伝わった。大きさは34cm×25cmで,659葉を数える。10世紀末にアルドレッドによって付加された奥付によれば,テキストは修道院長イードフリスEadfrith(在位698‐721)によって書かれたというが,装飾もまた同院長の手になるものとされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android