コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンディスファーンの書 リンディスファーンのしょBook of Lindisfarne

世界大百科事典 第2版の解説

リンディスファーンのしょ【リンディスファーンの書 Book of Lindisfarne】

アイルランド・サクソン系大型福音書装飾写本の初期の作品。7世紀末の制作。〈聖なる島Holy Island〉として知られるイギリス中部ノーサンバーランド東岸,リンディスファーン島にアイルランド修道士エーダンAidanが創設した修道院に8世紀末まで伝わった。大きさは34cm×25cmで,659葉を数える。10世紀末にアルドレッドによって付加された奥付によれば,テキストは修道院長イードフリスEadfrith(在位698‐721)によって書かれたというが,装飾もまた同院長の手になるものとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リンディスファーンの書の関連キーワード大英博物館