コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンディスファーンの書 リンディスファーンのしょ Book of Lindisfarne

1件 の用語解説(リンディスファーンの書の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

リンディスファーンのしょ【リンディスファーンの書 Book of Lindisfarne】

アイルランド・サクソン系大型福音書装飾写本の初期の作品。7世紀末の制作。〈聖なる島Holy Island〉として知られるイギリス中部ノーサンバーランド東岸,リンディスファーン島にアイルランド修道士エーダンAidanが創設した修道院に8世紀末まで伝わった。大きさは34cm×25cmで,659葉を数える。10世紀末にアルドレッドによって付加された奥付によれば,テキストは修道院長イードフリスEadfrith(在位698‐721)によって書かれたというが,装飾もまた同院長の手になるものとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リンディスファーンの書の関連キーワードアイルランド語北アイルランド共観福音書マルコによる福音書ヨハネによる福音書ルカによる福音書アイリッシュゴスペルサクソン四福音書

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone