コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Ekwensi,C. EkwensiC

世界大百科事典内のEkwensi,C.の言及

【アフリカ文学】より

… 南アと並んで放送,出版などのジャーナリズム,高等教育機関の発達が早かった西アフリカ,特にガーナとナイジェリアは現代小説のメッカである。ナイジェリアでは1940年代後半からアフリカ人の都市生活を活写し,大衆小説の分野で息の長い活躍を見せているエクウェンシCyprian Ekwensi(1921‐ )やヨルバ説話に取材する《ヤシ酒飲み》(1952)で知られるチュチュオーラAmos Tutuola(1920‐ )らがいるが,後代への影響力の点でアチェベが傑出する。処女作《部族崩壊》(1958)で,彼はアフリカの伝統価値と西欧近代の価値との相克,そこから結果するアフリカ側の悲劇という,現在では古典的ともいえるテーマを開拓した。…

【児童文学】より

…ナイジェリアにアチェベ,ケニアにグギがいる。ナイジェリアのエクウェンシC.Ekwensiのピカレスク風冒険物語も昔話の単純直截な語りの口調を保持している。【菅原 啓州】
【東洋】
 東洋は世界の四大文明圏の三つ(中国,インド,イスラム)を含み,それぞれはやくからすぐれた文学を生みだしたが,そのなかには後世の児童文学と直接間接に関係の深いものが少なくない。…

※「Ekwensi,C.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Ekwensi,C.の関連キーワードエクウェンシ