Enhadra quaesita moutium(英語表記)Enhadraquaesitamoutium

世界大百科事典内のEnhadra quaesita moutiumの言及

【ヒダリマキマイマイ(左巻蝸牛)】より

…名のように殻が左巻きのオナジマイマイ科の巻貝(イラスト)。殻は高さ3cm,幅4.5cmの大型のカタツムリ。約5回半巻き,殻の表面は平地にすむのは黄色でまわりに黒い帯があり,また下側のへそ穴のところも黒い。しかし,山地にすむのは黒褐色でまわりの黒い色帯の上下にも幅の広い色帯ができる。この型をチャイロヒダリマキマイマイE.q.montium,舳倉(へくら)島にすむ小さい個体はヘクラマイマイE.q.heguraensisという。…

※「Enhadra quaesita moutium」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android