コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Eroberungstheorie Eroberungstheorie

世界大百科事典内のEroberungstheorieの言及

【征服】より


[国家征服説]
 歴史上の征服過程が物語るように,征服は一種の権力支配現象であるところから,国家の原始的起源や政治権力の発生と直接にかかわる現象であるとみなされがちである。国家征服説Eroberungstheorieとは,国家の起源を,強力な集団,種族または階級による弱小な集団,種族または階級に対する征服に求める考え方である。この考えは,グンプロビチ,ラッツェンホーファーGustav Ratzenhofer,オッペンハイマーFranz Oppenheimerら,とくに19世紀後半のオーストリア学派によって主張された。…

※「Eroberungstheorie」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android