コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

F 領域 えふりょういき

世界大百科事典内のF 領域の言及

【電離圏】より

…E領域にはスポラディックE(Es)とよぶ層が突発的に現れることがある。高度約130~1000kmをF領域とよび,太陽の紫外線(800~100Å)がおもな電離源である。昼間のF領域には,高度170km付近と300km付近にそれぞれ電子密度のピークをもつF1層とF2層の2層が形成される。…

※「F 領域」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

F 領域の関連キーワードAdobe Type Composerハーゲン‐ルーベンスの関係式詳細釣合の原理(気体分子)オットー シュリューターモーション・スタディレイノルズの輸送定理コーシーの積分定理ユーバーウェークジョルダン曲面楕円型方程式VVVF制御ガウスの定理ベクトル解析ローラン級数多変数関数論オグバーン有理型関数置換積分法区分求積法オペロン説

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android