F2(読み)F2/えふつー

知恵蔵の解説

F2

航空自衛隊の支援戦闘機。1995年1月に試作機が完成し、9月に初飛行、F2と命名され2001年3月、青森県三沢で最初の飛行隊が編成された。支援戦闘機は敵の上陸部隊を空対艦ミサイルで撃沈したり、上陸後、爆弾、ロケット弾で攻撃するもので、外国では攻撃機戦闘爆撃機と呼ぶ。以前は国産の三菱F1が運用され、その後継も国内開発を計画したが、米国防総省の圧力で米国製F16を基礎とする改造型の共同開発に決まり、88年11月に交換公文が調印された。ところが、米商務省、米議会の一部が「F16の技術を日本に渡すな」と異議を唱え、それに対して日本は「技術は民間機に転用しない」「量産段階でも仕事の40%は米国側にさせる」との約束をするなど譲歩を重ねた。このため、開発費も1650億円の予定が倍以上になった。防衛庁は96年度から総計130機の発注を計画したが、98機に削減された。1機121億円。

(田岡俊次 軍事ジャーナリスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

F2の関連情報