コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Felis rubiginosus Felisrubiginosus

世界大百科事典内のFelis rubiginosusの言及

【ベンガルヤマネコ】より

…食肉目ネコ科の哺乳類(イラスト)。イエネコに似るが大型で耳先が丸く,尾が先まで太いヤマネコ。東南アジアから中国,ウスリーまで分布し,日本には対馬に1亜種ツシマヤマネコF.b.euptiluraがすむ。体長44~107cm,尾長23~44cm,体重3~7kg。対馬産のものでは体長約50cm,尾長約25cm。体はイエネコに似るが前・後足が大きい。顔はやや細長く,耳介背面は黒色で,中央に白斑がある。瞳孔は明るくても針状にならず長円形。…

【ヤマネコ(山猫)】より

…【今泉 忠明】。。…

※「Felis rubiginosus」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Felis rubiginosusの関連キーワードヤマネコ(山猫)ベンガルヤマネコ海老茶鸚哥錆色竈鳥ネコ(猫)イリオモテヤマネコネコアビシニアンアンゴラネコシャムネコ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android