コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Figg,J. FiggJ

世界大百科事典内のFigg,J.の言及

【ボクシング】より


[近代ボクシングの誕生]
 17世紀後半になると,イギリスの文献にこぶしでやり合うことを前提にした試合の記録が出現するようになる。その多くは決闘の域を抜け出ていなかったが,棍棒や刀剣での戦いですでに名を広めていたフィッグJames Figg(1695ころ‐1734)がこぶしの格闘術として確立し,普及に努めた。1719年にはロンドンに〈自己防衛術の学校〉を開き,フィッグはオーナーであるとともにイギリス・チャンピオンと称し,挑戦してくるものを一切拒まず,またことごとく撃退したといわれる。…

※「Figg,J.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Figg,J.の関連キーワードボクシング

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android