Forlanini,C.(英語表記)ForlaniniC

世界大百科事典内のForlanini,C.の言及

【気胸】より

…このような気胸を閉鎖性気胸という。1882年イタリアのフォラニーニCarlo Forlanini(1847‐1918)が肺結核の治療のために用いた方法で,化学療法剤のなかった時代のおもな結核治療法で,日本でも,1950年代まではよく行われた。肺を気胸により萎縮させ,安静とし,結核性空洞を縮小させて,治癒を促進させる。…

【肺結核】より

…コッホの結核菌発見は,これを実証したものであった。 肺結核の治療法として,イタリアのフォルラニーニCarlo Forlanini(1847‐1918)は1882年人工気胸療法を創始した。また95年のレントゲンのX線発見は,肺結核の臨床診断に画期的進歩をもたらした。…

※「Forlanini,C.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android