コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Frank,I.M. FrankIM

世界大百科事典内のFrank,I.M.の言及

【チェレンコフ】より

…このほか,電子加速器の開発・建設に努め,光子‐原子核,光子‐中間子反応の研究を推進した。58年チェレンコフ効果発見の業績により,この現象に対して電磁気学的な説明を与えたソ連のフランクIl’ya Mikhailovich Frank(1908‐90),タムIgor’ Evgen’evich Tamm(1895‐1971)とともにノーベル物理学賞を受賞した。【日野川 静枝】。…

※「Frank,I.M.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Frank,I.M.の関連キーワードゲーリー(Frank O. Gehry)埜尻悠フランク王国フランク族金融規制強化法フランク=ブリッジの主題による変奏曲道徳再武装運動フランクフランク王国安蘭けい

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android