コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Fresenius,K.R. FreseniusKR

世界大百科事典内のFresenius,K.R.の言及

【化学】より

… 化学の進歩にともない分析化学にはより精密さが要求されるようになった。19世紀半ばフレゼニウスKarl Remegius Fresenius(1818‐97)は,定性・定量両分析に関して優れた教科書を書き,分析化学の手法を確立した。容量分析では,モールKarl Friedlich Mohr(1806‐79)がいくつかの有用な改良法を提案した。…

※「Fresenius,K.R.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android