GFR(読み)ジーエフアール

デジタル大辞泉「GFR」の解説

ジー‐エフ‐アール【GFR】[glomer-ular filtration rate]

glomer-ular filtration rate糸球体過(ろか)量。毎分あたり腎臓の糸球体で濾過されて出てくる液量。

ジー‐エフ‐アール【GFR】[gas-cooled fast reactor]

gas-cooled fast reactor》⇒ガス冷却高速炉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

内科学 第10版「GFR」の解説

GFR

glomerular fi ltration rate,糸球体濾過率

出典 内科学 第10版内科学 第10版について 情報

世界大百科事典内のGFRの言及

【腎機能検査】より

…前者に相当する物質にはクレアチニン,イヌリンなどが,後者に相当する物質にはパラアミノ馬尿酸(PAHと略す)がある。以上から,クレアチニンのクリアランス値から糸球体ろ過値glomerular filtration rate(GFRと略す)を求めることができ,糸球体の機能を検査することができ(これを糸球体機能検査という),PAHのクリアランス値を求めることによって腎血流量を知ることができる。(3)近位尿細管機能検査 主として近位尿細管の再吸収機能を検査するもので,尿中β‐ミオグロビン量,グルコース再吸収極量などの検査がある。…

※「GFR」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android