コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糸球体 しきゅうたいglomerulus

翻訳|glomerulus

6件 の用語解説(糸球体の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

糸球体
しきゅうたい
glomerulus

腎臓の糸球体嚢の陥没部に入って,これと連接する細い動脈の球状の塊で,腎小体の主要部をなす。出入の血管はいずれも小動脈に属している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しきゅう‐たい〔シキウ‐〕【糸球体】

腎臓腎小体の糸球体嚢(のう)の中にある、毛細血管などが集まった糸玉状の塊。毛細血管から血液中の不用な水分・塩分・糖などが糸球体嚢内に濾過(ろか)され、尿のもとがつくられる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

糸球体【しきゅうたい】

腎臓の腎小体の主要部をなす細い動脈の球状のかたまり。腎小体の中に入った1本の動脈が幾つかに分岐して〈わな〉の形でもつれあい,再び1本の動脈に合して出ていく。糸球体は上皮性の糸球体嚢で包まれ,糸球体内の血液から濾出(ろしゅつ)された尿成分はこの嚢に出て尿細管に流れる。
→関連項目血液透析腎小体

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

しきゅうたい【糸球体】

毛細血管が糸玉のように球状に集まったもの。腎臓の皮質にあり、ボーマン囊のうに包まれて腎小体をつくる。血液を濾過ろかし、血球やタンパク質以外の成分はボーマン囊へ押し出されて原尿になる。 → 腎小体

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

糸球体
しきゅうたい

腎臓(じんぞう)の皮質に存在する房状の毛細血管網をいう。この糸球体とそれを包む二重壁の嚢(のう)である糸球体嚢(ボーマン嚢)とで腎小体が構成される。尿細管はこの腎小体から始まる器官である。[嶋井和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の糸球体の言及

【血糖】より


[血糖の再吸収と血糖濃度の異常]
 グルコースは正常では尿中にはほとんど排出されない。循環血中のグルコースはいったん他の老廃物といっしょに腎糸球体でろ(濾)過された後,近位尿細管で再び血中にくみ上げられる。糸球体ろ過液中のグルコースは血漿中と同じ濃度で存在する。…

【腎臓】より

… 腎臓は多数の腎単位,すなわちネフロンnephronの集合したもので,腎単位は腎小体(ラテン名corpusculum renis,英名renal corpuscle)と尿細管(ラテン名tubulus renalis,英名renal tubule)とからなり,排出機能を営む一つの構造単位である。腎動脈血の供給を受けている糸球体とそれを包むようにしてボーマン囊Bowman’s capsuleがあり,この両者をいっしょにして腎小体という。しかし海産硬骨魚では,腎小体の退化消失したものがある。…

【尿】より

…前述の乏尿の境界値はこの値と等しく,正常人でも水制限をしたときにはこの程度の尿量となる。一方,異常な乏尿や無尿は,病的な原因で糸球体ろ(濾)過量が減少することによって起こる。また尿路の通過障害や膀胱の機能障害によって排尿できない場合または尿量が少なくなっている状態は尿閉と呼ばれる。…

※「糸球体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

糸球体の関連情報