コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Galleria Nazionale dell' Umbria GalleriaNazionaledellUmbria

世界大百科事典内のGalleria Nazionale dell' Umbriaの言及

【ペルージア】より

…そのかたわらの〈11月4日広場〉に,ニコロ・ピサーノと息子ジョバンニの彫刻で装飾された大噴水(13世紀)がある。【五十嵐 ミドリ】 国立美術館(正称はウンブリア国立美術館Galleria Nazionale dell’ Umbria)の歴史は,1863年に大学に隣接した教会堂内の設置に始まり,79年に現在の場所に移され,1918年に国立となった。〈11月4日広場〉にのぞむ厳格なゴシック様式で建てられたパラッツォ・デイ・プリオリ(1293‐1433)の最上階に位置し,13世紀から18世紀にいたるウンブリア派絵画の流れを系統的に展覧している。…

※「Galleria Nazionale dell' Umbria」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Galleria Nazionale dell' Umbriaの関連キーワード瀬川慶サン・ゴタルド・トンネルウフィツィ美術館ウフィツィ美術館ピッティ美術館マロッタボルゲーゼ公園蜂の巣綴蛾蜂蜜蛾ANSA

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android