コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Garborg,A. GarborgA

世界大百科事典内のGarborg,A.の言及

【ガルボルク】より

…ノルウェーの世紀末小説家。ランスモール(方言語彙を集めてつくられた言語)で書き,その国語化に尽くした。農夫の父は厳格な敬虔派で宗教的苦悶から自殺,彼の一生に影を落とした。代表作《田舎出の学生》(1883)は都会に出た田舎学生の苦悩を描く自然主義作品。やがて宗教的主題に傾き,《疲れた男》(1886),《平安》(1892),戯曲《教師》(1896)ではキリスト教倫理を追求して敗れる男を,抒情的な物語詩《地の精》(1895)では勝利する女の姿を描いた。…

※「Garborg,A.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android