Gavialis gangeticus(英語表記)Gavialisgangeticus

世界大百科事典内のGavialis gangeticusの言及

【ガビアル】より

…ワニ類では吻(ふん)部がもっとも細長いクロコダイル科ガビアル亜科の1種(イラスト)。別名ガンジスワニ。インド北部,パキスタン西部からアッサム地方のインダス,ガンジス,マハーナディ,ブラマプトラの各河川に分布し,ミャンマーのイラワジ川からも記録がある。大型で全長3.5~4.5m,最大は6.25mに達する。左右の上顎骨が長くのびて互いに接するため,その先にある前顎骨は鼻骨と隔てられる。この特徴で他のワニ類と分けられ1種だけでガビアル科を形成することもあるが,化石種を加えた比較により,現在ではクロコダイル科の1亜科として取り扱われている。…

【クロコダイル】より

…西アフリカ産の原始的なワニとされるコビトワニOsteolaemus tetraspisは,全長2m足らずの小型でおとなしいが,それ以外はすべて大型で性質が荒い。吻(ふん)部が長く,その長さは基部の幅の3~4.5倍もあって歯の数も多いインド・パキスタン産のガビアルGavialis gangeticus(イラスト)は,1属1種の特異なワニで,全長4~6m。ワニ類ではもっとも吻部が長い。…

※「Gavialis gangeticus」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android