コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Grameno,M. GramenoM

世界大百科事典内のGrameno,M.の言及

【アルバニア】より

…ベチルハルジNaum Veqilharxhi(1797‐1846),クリストフォリジKostandin Nelko Kristoforidhi(1830‐95),ブレトJani Vreto(1822‐1900),バサPashko Vasa(1825‐92)らが国の内外でこの運動に参加し,それをうけて19世紀後半に国民詩人N.フラシャリが近代文学と文語を確立した。それを20世紀文学へと橋渡しをしたのが,ミエダNdre Mjeda(1866‐1937),チャユピAndon Zako Çajupi(1866‐1936),グラメノMihal Grameno(1872‐1931)らの詩人であった。 20世紀に入り,アルバニアが独立するとともに文学も多様化し,またノリやグラクチLuigj Gurakuqi(1879‐1925)のように民主派政府の首相や文部大臣として活躍する者もいた。…

※「Grameno,M.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android