コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Hahn,E. HahnE

世界大百科事典内のHahn,E.の言及

【ウシ(牛)】より

…ただブラック・アフリカでは,耕作獣,輓獣(ばんじゆう)としての利用がなかったことは興味深い。
【象徴としての牛】
 民俗学的立場から家畜化の起源を論じたハーンEduard Hahnの次のような説が,一時もてはやされたことがある。例えば,古代エジプトにおいてアピスApis牛といわれる牛がいた(図2)。…

※「Hahn,E.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Hahn,E.の関連キーワード農民カンタータわしらの新しいご領主にファヤンスの法則(放射性沈澱)農民カンタータウラン(放射性元素)核分裂(原子核)シュトラスマンジョリオ・キュリー(夫妻)ジョンソン・エンド・ジョンソンハッシウム

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android