Hanotaux,A.A.G.(英語表記)HanotauxAAG

世界大百科事典内のHanotaux,A.A.G.の言及

【デルカッセ】より

…1889年下院議員となり,ガンベッタの派に属した。1898‐1905年の長期間外相をつとめ,いわゆるデルカッセ外交といわれる一時代を築いたが,これはビスマルクによって強いられたフランスの国際的孤立を打破しようとした前任者アノトーAlbert‐Auguste‐Gabriel Hanotaux(1853‐1944)の外交理念を発展させたものである。すなわち露仏同盟を強化し,イギリスとの間にはファショダ事件を解決し,英仏協商を結び(1904),イタリアとの間にも,トリポリとひきかえにモロッコでのフランスの独占的自由行動権を認めさせ,同時にイタリアを三国同盟からひきはなすための伏線を敷いたことなどがおもな成果である。…

※「Hanotaux,A.A.G.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android