コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Heberer,G. HebererG

世界大百科事典内のHeberer,G.の言及

【プレ・サピエンス】より

…この学説は,新人がネアンデルタール人とは別の系統から派生したとするもので,P.M.ブール(1913)以来,多くの人類学者によってさまざまな系統樹が提案されてきたが,これを集大成したのがフランスのバロアH.V.Vallois(1954)である。プレ・サピエンスという術語は,ドイツのヘーベラーG.Heberer(1950)によって最初に用いられたが,その代表的な人類化石はフランスのシャラント県フォンテシュバードFontéchevadeの洞窟遺跡の下層から発見された3個の脳頭蓋である。頭蓋が発見された堆積の地質年代は,リス/ウルム間氷期と推定されているが,それにはタヤク文化およびクラクトン文化の石器が伴っているので,プレ・ネアンデルタールより時代的に古い。…

※「Heberer,G.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Heberer,G.の関連キーワードプレ・サピエンス

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android