Henley,W.de(英語表記)HenleyWde

世界大百科事典内のHenley,W.deの言及

【農書】より

…ところが,北ヨーロッパは夏雨型で夏作が可能であるため,やがて冬作(小麦)→夏作(大麦)→休閑という三圃式農法(三圃制)がしだいに成立しはじめ,13世紀には北ヨーロッパ全体にほぼ支配的となる。このような二圃式から三圃式への移行に対応して北ヨーロッパの最初の農書,ヘンリーWalter de Henleyの書《Treatise of Husbandry》がイギリスで作られる。ヘンリーはおよそ1200‐83年の人,カンタベリー聖堂に属する荘園の管理人で,二圃式よりも三圃式を推奨した。…

※「Henley,W.de」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android