コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Hofmann,Albert HofmannAlbert

世界大百科事典内のHofmann,Albertの言及

【LSD】より

…正式にはLSD‐25という。1943年4月16日にスイスのバーゼルにあるサンド製薬会社で麦角から採った数種のリゼルギン酸誘導体の子宮収縮効果を比較研究していた化学者ホフマンAlbert Hofmannは,落ちつきがなくなり,器具がゆがんで見えたり,幻想が浮かんだりして夢見心地に陥った。眼を閉じると,変転きわまりない幾何学的な図や原色模様が見える。…

【幻覚薬】より

…メキシコで使われるオロリウクイololiuquiはヒルガオの一種Rivea corymbosaの種子で,1941年にハーバード大学の植物学者シュルテスR.E.Schultesが詳しく調べるはるか以前の1651年に,早くもスペインの医師エルナンデスFrancisco Hernandezが〈これを食べると譫妄(せんもう)状態になり,幾百もの景色が見え,悪魔的幻覚が現れ……〉と記録している。その種子を分析したホフマンAlbert Hofmannによると,有効成分はリゼルギン酸アミドとリゼルギン酸‐1‐ヒドロキシエチルアミドで,LSD‐25の1/20~1/40ほどの効力をもつという。テオナナカトルteonanácatl(〈神の肉〉の意)はキノコPsilocybe Mexicanaで,これを食べると神と交信できると考えられていた。…

※「Hofmann,Albert」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone